Works

VIRTUAL BALLPARK

店舗の体験設計:ミズノ株式会社

  • Analyze
  • Capture
  • Design

Information Architecture, Creative Direction, UI Design, Produce, Project Management, Technical Direction, Programming, Device Development

モノではなくコトを提供する店舗

100年以上にわたって野球事業を行ってきたミズノ社が目指したのは、店舗体験の拡張です。

生きた球を体験する

取り組みの一歩目はVIRTUAL BALLPARK。投球データから3Dの投球軌道を生成することで、 「生きた球」を体験することができるVRコンテンツです。多くの人が気軽に楽しめるだけでなく、いま注目されているスポーツとデータの融合を体感することができます。

VIVE(VR機器)の赤外線センサーに加え、ミズノ社のセンサーを併用してバットスイング軌道を捕捉。スイングスピード(最高速度)の表示が可能になりました。さらに同社と立命館大学で共同開発したシステムによって、ボールとの衝突位置の判定、解析も行っています。

生きた球を体験する
事例に関するお問い合わせはこちら
All Works