Works

Brain Monitoring Test for New Car in KL (Malaysia)

脳波を活用したARアプリの効果検証:UMW Toyota Motor Sdn. Bhd.社

  • Analyze
  • Capture

Planning,  Information Architecture, UI Design, Produce, Project Management, Technical Direction, Programming

脳波反応を用いた営業ツールの評価

新型カムリを体験できる「ARアプリ」の効果を、実車体験やカタログ閲覧と比較するテスト。
https://www.toyota.com.my/army

脳波反応を用いた営業ツールの評価

ショールームイベントとして実施し、来店客が参加

2018年12月下旬、3日間にわたってToyota Subang Outletへ来店された一般の方のうち145名に参加してもらいました。実車体験、カタログ閲覧、そしてARアプリ体験という3つの方法で新型カムリに触れてもらいつつ、見る、乗る、読む、使ってみるという体験中の脳波データを取得。また、簡単な事後アンケートを行いました。多くの方々が興味を持ち、このテストを楽しんでいました。

ショールームイベントとして実施し、来店客が参加

アンケートデータと脳波データを機械学習させて分析

「体験中の豊富な感情を、アンケート回答だけで捉えることは難しい」という前提のもとで脳波データを交えた機械学習を行ったところ、アンケート結果では見えなかったARアプリの効果(特に購入意向が実車体験よりも高い)が検証できました。
脳波データは今後、更なるデータ蓄積と分析によってその有用性が高まっていくと考えられます。今回の取り組みをきっかけとして、さまざまなマーケティングの課題解決や、マーケティング担当者の意思決定に役立つ「脳波データ利用ツール(例えば消費者の嗜好・意向を予測できるモデル)」を開発できるのではないかと考えています。

アンケートデータと脳波データを機械学習させて分析
事例に関するお問い合わせはこちら
All Works