InsightResearch

Access To Insight

人が感じたことは「考える」「答える/行動する」という段階で
意識のバイアスの影響を受けます。生体反応をリニアで取得、
集積することによって、事後回答ではない瞬間的な反応や、
心の奥に積み重なった潜在的なインサイトを推定します。

SOOTH

センシングテクノロジーと
マルチモーダルデータ

インサイトを把握するために、特定の刺激に対する生体反応などを取得、集積します。アイトラッキング、脳波/心電/皮膚電気抵抗取得などを組み合わせることが有効だと考えています。

Method 01

Eye Tracking

アイトラッキング

瞳の角度を捕捉することで人がどこを見ていたかを記録します。その結果をヒートマップで表示できるだけでなく、対象物それぞれに視線が向いた時間や回数をカウントしていくことも可能です。

SOOTH「視線カウンター」

例えば人物、製品、ロゴ、電話番号に何%ずつ視線が向いたかを算出することで、映像の効果を評価することができます。配信後のパフォーマンスと突き合わせた解析も可能です(この技術はトランスコスモス(株)のGAZE HACKに採用されています)。

Method 02

EEG Measurement

脳波測定

生体反応センシングを用いるのは、回答式リサーチで発生する「回答バイアス」を回避するためです。取得精度を維持しながらも簡便に脳波取得するために、最適なデバイスとアルゴリズムを採用しています。

Method 03

Aggregation Automation and Operation UI Development

集計の自動化と運用UI開発

取得したデータはデータベースに格納され、さまざまな形に集計して取り出すことができます。データ専門家だけではなく、企業の担当者や一般ユーザーにとって見やすい形に可視化するUI設計も行います。

VR

  • ビジュアル調査

    ビジュアル調査

    動画、静止画、平面デザインを
    対象とします。

  • 商品調査

    商品調査

    製品デザイン、陳列の方法などを
    対象とします。

  • 空間調査

    空間調査

    建物の外観、内装デザインなどを
    対象とします。

  • トレーニング

    トレーニング

    シミュレーション体験時の習熟度を
    評価します。

REAL

  • UI評価

    UI評価

    サイトやシステムの使い心地などを
    対象とします。

  • 相性評価

    相性評価

    生体反応を使って適職、相性などを
    推奨します。

  • 感性分析

    感性分析

    生体反応を使って表面化していない能力を探ります。

  • 視聴態度分析

    視聴態度分析

    リアル空間でスマホ使用・視聴態度を探ります。

All Works